伝えるための撮影技術

伝える手段

地球が進化してくる過程で、人間は劇的な変化と成長を遂げながら、人類という壮大なものを築いてきました。

生物の中でも、人間と動物の違いは感情と言語だと言われています。

 

感情とは、ある対象に対して人が判断する態度や価値で、大きく分類したものが喜怒哀楽です。

人間の行動は、感情から発される信号を脳がキャッチすることにより決まってくるものですから、人それぞれの個性や特徴は感情によって決まってくるということになります。

感情があるからこそ、意志や思想などが生まれます。

伝えるための撮影技術

言語は、その感情・意志・思想を表現する手段ということになります。

地球上には、なんと6000種類以上の言葉が存在するといわれています。

その言語を「伝える」ということに焦点を当てて考えてみたとき、その方法はいくつかあります。

大きな分類としては、文字として書き出して伝える方法、音と合わせ歌にして表現する方法、映像と合わせて表現する方法です。

 

最大の表現方法

伝えるための撮影技術

言葉・音・映像の全てを盛り込むことができる表現方法と考えると、聴覚と視覚で捉えることができるテレビや映画が浮かんできます。

人間は、テレビ番組や映画によって様々な情報や知識を得ることができます。

遠い場所で起こっていること、専門的なこと、今まで知りえなかった分野のこと、歴史や未来についての話、など実に様々です。

テレビや映画は、まさに最大の表現方法と言っても良いのではないでしょうか。

 

思いやメッセージなどを、より強く上手に伝えたいと思えば思うほど、撮影技術や制作技術にアイデアや工夫が求められるのです。

映画・テレビ制作に携わるには、その専門的な技術だけではなく、広い意味での表現方法も必要だということになります。

 

テレビ映像の制作依頼は

伝えるための撮影技術

大阪を中心に世界の様々なことを映像にしている当社は、専門的な知識と表現力を駆使して伝える撮影技術を提供している制作会社です。

在阪各局(、関西テレビや読売テレビなど)のテレビ番組をはじめ、企業用のPVやCM、ウェブ映像など、様々な映像作品の制作に幅広く携わっています。

各種制作依頼は、ぜひご相談下さい。

 

また、当社では、撮影技術に携わってみたいという熱い気持ちをお持ちの方や、技術部門で活躍してくれるプロフェッショナルな方の採用も行っており、サイトにて求人情報とエントリーフォームの公開も行っています。