CM制作のポイント

2015-07-02

CM制作は、企業や商品を消費者に認知してもらうのにとても効果的なものです。

そのCMは企業や商品のブランディングにもつながります。こちらでは、CM制作の際のポイントをご紹介します。

【印象に残るCMにする】

視聴者の「印象に残る」には様々な方法があります。多くの人の印象に残ることで、あらゆる場所で話題になります。

ネットニュースに上がったり、テレビ番組で取り上げられたりする可能性もあります。

ネット上での話題は、話題が話題を呼び、瞬く間に広まります。印象に残り話題になるための要素として、以下に例を挙げます。

CM制作のポイント

  • 耳に残るCMソングを作る
  • インパクトの強い映像にする
  • 最初はなんのCMなのかわからないようにしておき、最後に種明かしするような手法をとる
  • 見ている側の心に何かしら「引っかかるもの」が残るCMにする

【商品の良さが伝わるように】

映像の強みは、直接「視覚・聴覚」に訴えられることです。商品の良さを伝えるには、この強みを最大限に活かすものにする必要があります。例えばソーセージのCMなら、「茹でたてのソーセージの皮がパリっと弾けるように割れる音がして湯気がたちこめる中、割れたソーセージからはジューシーな肉汁が出ている映像」は、その商品の良さをアピールでき、購買意欲を促進させるでしょう。「アピールしたいこと」「伝えたいこと」を明確にし、企画制作することが大切です。

【キャスティングを慎重に】

CMに出演するキャスト選びも大切です。企画に合ったキャスティングをしたり、好感度の高いタレントや売り出し中の若手アイドルを起用したりと、様々なキャスティングが考えられます。話題性のある人物なら、CM発表の時にも記者が想定以上に集まることもあり、かなりの宣伝効果を得られるでしょう。ただ、起用したタレントの個性が強すぎたり素行などでトラブルを起こしてしまうことで、企業や商品のイメージダウンにつながるケースも稀にあります。

起用するタレントの個性や人間性を見極めることも大切なのです。

当社は大阪撮影技術会社です。大阪でCM撮影をしたいとお考えの方、ぜひ当社にご連絡ください。CM撮影の他にも、企業PR・企業VP・イベント撮影なども行っておりますので、ぜひご利用ください。