テレビ番組が完成するまで

2015-07-02

一つのテレビ番組ができ上がるまでの、基本的な流れをご紹介します。細かい部分は制作する番組により前後することもありますが、必要な項目は決まっています。テレビ番組やCM制作依頼をお考えでしたら、ぜひ参考にしてご計画ください。

【営業・企画・プレゼン】

テレビ局などの依頼者との打ち合わせを重ねることで、企画の提案・決定を行います。

大きなテーマが決まれば、番組の内容や構成・リサーチ・制作費用の見積り・キャスティングなど、細かな部分に入ります。企画が固まればプレゼンを行い、許可が下りてようやく番組制作が本格化します。

【シナリオ・ロケハン】

シナリオ・ロケハン

番組を滞りなく進行するために、シナリオ(台本)は必要不可欠です。

番組企画に基づいた構成に沿う形で、シナリオを作成します。

同時に、収録場所が屋外の場合には撮影場所を確保するためのロケハンも行います。

ロケハンには主に企画に関わったプロデューサー・ディレクターが参加し、取材を行う方々との打ち合わせなども行います。この時、アングルなどの撮影場所の確認のためにカメラマンが同行することがあります。

【収録・撮影】

様々な準備が完了したら、いよいよ収録です。出演者を始め、多くの人が登場します。

撮影形式・時間は番組の種類により様々であり、本格的な撮影に入る前にカメラの動きを確認するカメラリハーサルを行うこともあります。撮影タイミングも、頭から台本通りに進めることもあれば、撮影時の状況にあわせてバラバラに収録することもあります。

【編集・納品】

収録が終えた後は編集作業です。企画のテーマ・内容に沿った映像になっているかの確認をしつつ、放送時間内に収まるように調整します。時間の調整が終わると、BGMやSE(効果音)の追加などの音声の調整、字幕・テロップの追加を行い、完成・納品という形となります。テレビ番組は一つの巨大プロジェクトであり、そこには多くの人が関わることで形となり、視聴者に提供されるのです。

当社は、大阪を中心にテレビ・CMを始め、様々な映像の撮影を行っています。

大阪・関西圏のローカル番組は、バラエティ番組を中心に独特の面白さや魅力があると話題です。

バラエティ番組を始めとしたテレビ番組の他に、CM・企業PR映像、各種イベント映像の成功に向けて協力する撮影技術会社です。撮影依頼、撮影見積りなどの各種お問い合わせを随時お待ちしております。お気軽にご相談ください。